電話する

地図

問い合わせ

メニュー
■■ ゴールデンウィークの休診日のご案内 ■■
2021年5月2日(日)~5月5日(水)
休診とさせて頂きます。
ヘッダーオファー

マウスピース矯正

透明で目立たない、取り外しできる、マウスピース矯正

これまでの方法と全然違って快適!でも効果はしっかり出る!

画像

マウスピース矯正は、薄い透明のプラスチックでできており、ワイヤーを使用しないため、治療中でも周りに矯正治療していることはほとんど気づかれません。

コンピューターCAD/CAM技術を用いて3次元的に歯の動きを計算し、患者様に合わせたオーダーメイドの装置を製作します。

インビザラインとは?

当院の外観

インビザラインとは、「取り外しできる透明なマウスピース矯正」です。

インビザラインの特徴

透明で目立たない
回答

マウスピースは透明なので、目立ちにくいです。矯正治療をしていることが周りに気付かれにくいです。

取り外しできて快適
回答

マウスピースは食事や歯磨きの際には取り外すことができるので、治療前と同じ様に食事を楽しむことができます。

痛みが出にくい
回答

マウスピースは、やわらかいプラスチックの弾性を利用して、弱い力で少しづつ歯を移動させるので、痛みが出にくいです。

マウスピース矯正のメリット

メリット1:治療スピードが速い
回答

マウスピース矯正による歯の移動は、目的のポジションまで歯を最短距離で移動できるように、コンピューターで計算されています。そのため、歯並びの状態によっては、治療期間を短くできます。

メリット2:マウスピースの違和感が少ない
回答

とても薄いので装着時の違和感も少なく、発音が妨げられることもほとんどありません。

マウスピース矯正のデメリット

デメリット1:装着を忘れないように自己管理が必要
回答

マウスピースは1日20 時間以上装着し、1〜2週間おきに新しいマウスピースに交換する必要があります。
装着方法が守れないと、治療計画通りに歯が動かず治療期間がのびてしまいます。

デメリット2:歯磨きなどお手入れが大切
回答

マウスピースが歯全体をおおい、密着しているので、唾液による歯の自浄作用や歯の石灰化が起こりにくくなり、
虫歯のリスクが高まります。歯磨きを丁寧に行い、マウスピースを毎日清潔にお手入れしましょう。

デメリット3:歯の表面にアタッチメントをつけます
回答

マウスピースの中で歯が滑らないように、歯をしっかりつかむためのアタッチメントという米粒大のプラスチックをつけます。
歯並びの状態によってつける場所は異なります。見た目は目立たないですが、突起物なので最初は少し違和感があります。

デメリット4:ゴムを併用して使うこともあります
回答

治療の過程で、エラスティックゴムと呼ばれるゴムを上の歯と下の歯の間にかけて、引っ張り合うようにします。
歯並びの状態によって、使用する場合があります。

マウスピース矯正の向き・不向き

マウスピースを装着するだけで歯並びをキレイにできるマウスピース矯正『インビザライン』は、世界シェアNo.1です。
これまでの膨大な治療データをもとに常に改良が行われているため、以前は不可能だった症例も可能になってきています。
しかし、中にはマウスピース矯正に向いていないケースがあります。

マウスピース矯正が向いている方

画像
画像

1. 抜歯をしなくて良い、歯並びの不正が軽い方

マウスピース矯正は、歯並びの不正が軽いケースを最も得意としています。

2. 抜歯が必要だけど、歯の移動距離が少ない方

抜歯をしても、歯の移動距離が少なければマウスピース矯正は可能です。

3. 毎日、20時間以上マウスピースを装着できる方

1日20時間以上マウスピースを装着すると、歯が動きやすいです。

マウスピース矯正が向いていない方

画像
画像

1. 抜歯が必要で、歯の移動距離が多い方

歯の移動距離が多くなると、マウスピース矯正だけでは難しい場合があります。
その場合は、マウスピースで可能なだけ歯を動かした後、ワイヤー矯正を併用して大きく歯を動かしていきます。
ある程度の所までマウスピースを使うので、ワイヤーをつけている期間を短くできます。

2. 骨格に問題がある方

顎の変形や、顎の骨格が過度に成長している場合は、マウスピース矯正では対応ができません。
その場合は、ワイヤー矯正でも治療が難しいことがありますので、「外科矯正」が必要になります。
専門とされている岡山大学病院へご紹介させて頂きます。

3. マウスピースの使用方法を守れない方

1日20時間以上マウスピースを装着しないと効果が出にくいです、また、決められたタイミングでマウスピースを交換する必要があります。
これらの使用方法ができない方には、ワイヤー矯正をお勧めします。

素材がプラスチック製の為、金属アレルギーを引き起こす心配がありません。
金属アレルギーで矯正治療を断念した方も、安心して治療を受けて頂くことができます。

画像
画像

今まで矯正治療をあきらめていた方へ

こんなことでお悩みではありませんか?

今まで矯正治療をあきらめていた方へ
  • 「見た目が気になる・・・」
  • 「痛みが苦手・・・」
  • 「お手入れが不安・・・」

今まで矯正をしたくてもあきらめていた方も多くおられると思います。
マウスピース矯正は、そういう方々にぜひ知って頂きたい新しい矯正治療法です。

画像

マウスピース矯正は透明な取り外し式の装置なので、様々なシーンでも使われています。

「結婚式の日は取外します!」
「接客業だから人前でも目立たないので助かります!」
など・・・

歯並びやお口の状態によっては、マウスピース矯正で治療できないことがあります。

インビザラインで治療ができるかどうか、確認したい方には無料矯正相談も行っております。
お気軽にご相談下さい。

インビザライン動画

インビザライン矯正について

矯正治療に対する思い

歯並びスマイル

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは086-430-0050へ

診療時間
9:00~12:00
14:30~17:00
/
/
/
/
/
/
/
▲・・・土曜日は9:00-14:00
休診日 / 水曜日・日曜日・祝日
※ 祝日のある週は水曜日も診療いたします。
ご予約・お問い合わせはこちら
やまさき歯科・矯正歯科の外観
フッターオファー
公式サイトはこちら
© やまさき歯科・矯正歯科 矯正歯科専門サイト